アース端子の接点不良
エンジン始動不良の原因を探していたところ偶然発見しました。
ヘッドからボディへのアース線。
表面がデコボコしていたので、何気無く覗き込んでみたら溶けてました。
 
ここの配線です。カプラと端子を交換して修復。
接触不良で高温になって・・・という場所でもない。
イグナイタが燃えたときにでも溶けたのだろうか。

あら?レギュレーターのボルトを間違えてるね。戻しておこう。  
←メンテナンスTOP
inserted by FC2 system